今渡南の活動紹介

2013年5日14日(火) 飛翔の里 研修会

今渡南民生児童委員協議会

 12日の民生委員児童委員の日から2日遅れて、今渡南民児協では施設を訪問し、研修の機会を設けました。
 訪問したのは中津川市にある社会福祉法人ひがし福祉会「飛翔の里」です。入所者50名、通所者49名の障害を持った方が利用されております。市から土地の貸与を受け、広々とした敷地に宿泊施設と作業施設が設けられています。
 指1本しか動かせない人にもスイッチを押す仕事をさせるなど、どんなに重度の障害者にも働く意味と喜びを持たせる、また、働くことを通じて社会に参加させるという施設の方針が、生き生きとした明るい表情やきちんと挨拶ができる入所者の姿に表れているように思え、さわやかな感動を味わうことができました。
 見学ののちに施設の経営する喫茶店でお茶を飲み、売店で入所者が施設で作った品物をいっぱい買いこんで帰路につきました。
 家族ならずとも、障害を持った方が生涯安心して暮らせるこのような施設の必要性を強く感じた研修になりました。

2013年5日8日(水) 今渡南小学校 今渡南小学校自転車教室

今渡南民生児童委員協議会

 昨日の強風も収まり穏やかに晴れた校庭で、今年も5年生と3年生を対象に自転車教室が開かれました。
 2時間目は5年生です。交通指導員さんから正しい自転車の乗り方の説明がありました。「乗る前に点検、ブタハシャベル!2回目だから覚えてるよね」の言葉にうなづく子もたくさんいました。
 ブレーキ・タイヤ・ハンドル・車体・ベル、点検良し。いよいよ自転車に乗って校庭に書かれた道路で実地訓練です。踏切や道路を横切るときなど、自転車を降りて渡るなどついついおろそかになりがちなことをしっかり覚えました。3時目は3年生です。まだ自転車に乗れない子は歩いての訓練となりました。
 私たち民生児童委員は、自転車の整備の後、身長にあった自転車を一人一人の子供たちに手配する役目についてお手伝いをしました。

2013年3日3日(日) 下恵土公民館 下恵土公民館まつり

今渡南民生児童委員協議会

  下恵土公民館まつりが晴天に恵まれ盛大に開催されました。今渡民児協は今年も(ポップコーン)を担当しました。
 「ポップコーンができるまで、子供たちを待たせることの無い様にしたほうがよい」という昨年度の反省から、今年は、開会1時間前から、ポップコーンマシーンを動かし始めました。
 ずいぶんのストックができたので、「今年は大丈夫!」と思ったのですが、バターの焦げるにおいに誘われたのか、あらかじめ作っておいたポップコーンは瞬く間になくなってしまうほどの盛況ぶりでした。
 予定していた500名分を無料で提供し地域の方々に大変喜んで頂くことができました。
 来年は、子供他たちがもっと喜びそうな甘い味を付けてみようと考えています。

2012年12日19日(水) 下恵土公民館 子育てサロン「どんぐり」クリスマス会

今渡南民生児童委員協議会

 毎月第3水曜日に開催しています子育てサロン「どんぐり」、12月はクリスマス会です。
 61名の参加者が待ち受ける中、「あわてんぼうのサンタクロース」やハンドベルの音色に合わせて下恵土自治会連合会長さん扮するサンタさんの登場です。
 子供たちは大喜び。ジングルベルの歌を歌った後、サンタさんへの質問タイム。「何歳ですか」などの質問に「実は69歳です」など冷や汗をかきながらの本音の回答に参加者全員大笑いの一幕もありました。
 サンタさんのプレゼントのほか食改協からも素敵なプレゼントを用意していただき、プレゼントを受け取ったりサンタさんに抱っこしてもらたっり子供たちは大喜びでした。
 「どんぐり」ではひな祭りや、七夕会など季節に合わせた行事を行っています。多くの方の参加をお待ちしています。

2012年10日20日(土) 下恵土公民館 わくわくこども体験広場

今渡南民生児童委員協議会

 さわやかな秋晴れの中に、恒例になった「わくわくこども体験広場」が今年も開催されました。9時半のスタートに合わせるように大勢の子供たちが受付に列を作り、お菓子のいっぱい詰まった袋を受け取り、それぞれの体験ブースへ散らばっていきました。
 今渡南民児協は「折って飛ばして遊んじゃおう」とのキャッチコピーで紙飛行機を担当しました。今年は比較的簡単に折れ、よく飛ぶ4種類のモデルを用意しました。あらかじめ折り方の線を印刷しておきましたので小さなお子さんも上手に折ることができました。
 できた飛行機を、絵に描いてある的に向かって発進。絵の中にある穴を通過したらご褒美がもらえます。よく飛ぶ飛行機とはいえ、的を確実に狙うのには一苦労でしたが、楽しそうに何度も挑戦していました。
 それぞれのブースで作ったものをお土産にし、遊びといえば「テレビゲーム」などしかしない子供たちも、いつもとは違った満足感に充実した半日を過ごすことができました。

お問い合わせ

〒509-0292
可児市広見1丁目1番地
福祉部 高齢福祉課
TEL:(0574) 62-1111
FAX:(0574) 63-1294

お問い合わせ